読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐりぐり

Twitter @mr_ykhm

ジャニヲタ人生初の街コンへ行く

今日からリサイタルがスタート。

チケットが出に入らなかったので、

人生初の街コンへ  ( おい )。


とりあえず楽しければいいや〜〜と

ゆるいテンションで向かっている最中、

リサイタルグッズの詳細がTLに上がり

街コンよりも意識はグッズへ。

( 落花生型ストラップ欲しい!!!!)



受付開始5分後に入り、案内された

シートへ向かうと1人の男性が座っていて

「初めてですか?」と聞かれたので

「はい、え、何回目ですか?」と聞き返すと

「5回目なのでわからないことあったら聞いてくださいね」と言われる、その自慢は聞いてない ( 終 )


まもなく、私のペアとなる女性が隣に来て

顔を見て驚愕。はい、友人。


2008〜2010年の間、ジャニーズよりお笑いにどっぷりハマっていた頃のお笑い仲間。そして、お笑いに冷め、お互い別の道を歩むことになり、疎遠になってしまった友達と、街コンの同じシートで6年ぶりの再会。


世間、狭っ!!!!!!!!

もっといい場所で会いたかった、、。

でも緊張せずにいられたのもこの奇跡の再会のおかげ。


30分ごとに、目の前の男性ペアが次々と入れ替わるシステム × 5回


へぇ〜〜!!!!街コンってこんな感じなのか…と。


爽やかな男性もいれば、ヲタク男性、Tシャツの胸元から胸毛が顔を見せている男性まで、幅広かったな〜〜〜〜。


盛り上がったペアもあれば、「この空気はどうしたら…」というペアも。街コンって難しいね。


それよりもまさかの再会を果たしてしまった友人の衝撃が強過ぎて、街コン終わり、二人でお茶してからカラオケへ ( 昔よく行っていたので )


元々、友人がデビュー前から2006くらいまでのeighterだったのでその頃の歌で盛り上がり楽しかった〜〜〜〜!!!!!( そして、同じ会場や握手会にいたことも明らかになる )


そして夕飯を食べよう!ということになり、お店を決めていると、一番盛り上がった男性ペアから「一緒に飲みませんか?」のお誘いLINEがきたので、BARへ。


お酒を楽しみながら、話しながら、ポケモンGOを起動させる4人 ( おい )


ショットグラスが回ってきたので一気飲みしてほろ酔い気分になり、色んな話を…


男「今まで何してたの?」


私「カラオケに行ってました〜」


男「何歌ったの?女性?西野カナ?」


私「いや、男性…」


男「ゴイステ??」


私「いや、ジャニーズですよ」


男「ヘイセイジャンプ?」


私「いや、関ジャニです」


男「あ〜〜!大阪の!「好きやねん、大阪」知ってる。大阪が好き、だからどうした?!ってやつ」


( あながち解釈は間違っていない )


ここから誰が好きなのかという話になり…



私「丸山くんです」


男「え〜〜と、あれ… ドラマでメガネかけてた?」


( え、誰? )


男「ホクロあるよね?」


私「ありますよ」


ここで男性二人がSNSで「丸山隆平」を検索し始め、まとめサイトに足を踏み入れ、事件発生


私のアカウント「ぐり子」閲覧


いや、目の前に本人いる w w w w w w w 

と心の中で焦りと爆笑が渦を巻き、一刻も早く皆が私のアカウントから立ち退くことを、ひたすら願った w w w w w w


まぁ、当たり前のようにバレずに済みほっと一安心… ( 怖い怖い怖い )


そんなこんなで四時間程、お酒を楽しんでお開き ( 楽しかった〜〜〜〜!!!!! )



私の人生初の街コンは、

波乱万丈で幕を閉じました。 





マクベス千秋楽

諦めかけていた千秋楽のチケットをお譲りいただけることになり観劇してきました。

 

( その前に、某喫茶店で私がトイレに行こうと立ち上がった後、浜中文一くんがご来店 ( 美男子過ぎ…→ 本日マクベス観劇  ))

 

 

公演中は感無量過ぎてちゃんと覚えきれてないところが多々… 覚えてる限りのことと、好きなポイントと、感じ取ったところをメモ書き程度に……

 

 

 

・殺陣のシーンでザッ… ザッ… と切り倒していくマクベスも好きだけど、剣を下に突き刺し、無表情でグリグリする手法が冷酷過ぎてゾクゾク…

 

・魔物役、宮河さんの「そこで会うのさマクベスに…」のセリフで「マクベスに…」の部分が私が以前、観劇したときよりも力が凄く入ってるように感じてグッときた

 

 

マクベスとバンクォーの元に、知らせを告げに来たロスとアンガスと抱擁するシーン。アンガスからの熱烈過ぎるハグにより、マクベスの顔が完全にベチャって潰され、足の絡みも凄くて、最終的にバンクォーが地面に置きっぱなしにしてた荷物にアンガスが足を取られて、勢いよく尻もちをついてしまい、会場が笑いに包まれて、舞台上の四人も笑ってて凄くほっこりした

 

 

・夫人の小さい顔をマクベスの手で包み込む姿が凄く好きで、マクベスの顔を夫人の小さな手で包み込む姿も好き ( これは死ぬまでにやってみたい:はい、不可能 )

 

 

・汗でペタッと白シャツがマクベスの体に貼りついている姿がもう既に、色気だだ漏れなのに、その姿で夫人の手を取り、奥の部屋に向かう後ろ姿がたまらない ( 誰かわかって )

 

 

・フリーアンスに向かって「おやすみ」と言うときのマクベスの優しさ ( 撃沈 )

 

 

マクベスの血まみれの手と夫人の血まみれの夫人の手が合わさるシーンがやっぱり好き

 

 

・魔物達のジャンケン「いいは悪い、悪いはいい」が凄くほっこりする 

 

 

・黒のガウンに纏ったマクベスの腹筋と、バンクォーの腹筋が美し過ぎる件

 ( ちょっとここで個人的にやられた件が発生 )

 

 

・バンクォーがどのタイミングで「ダンカンを殺害したのはマクベスなのでは…」 と疑惑の目を向けるのだろうと思いながらバンクォーの目をずっと観ていたけど、マクベスが部屋付きのものを殺してしまったことを述べるタイミングだったのかな… と勝手に想像を膨らませてる ( 難しい )

 

 

・バンクォーの亡霊が見え、取り乱してしまいテーブルクロスを引き払ってしまうシーンの直前、机の下を足でバンバンと叩いた後、チョコンと、体育座りになって怯えるマクベスの可愛い姿に私の母性が大爆発しかけた ( 危 )

 

 

・夫人のそばで眠りに落ちた後、スッと立ち上がってマクベスの手を握りしめる夫人の手を、離すシーンが切な過ぎて涙腺緩む ( この瞬間の、先を見つめるマクベスの顔つきが好き )

 

 

・ツイートで魔物達の体に照明機器等のバッテリーが仕込まれてると知った上で、ダンスを見てたら改めて凄 ッッッて…

 

 

・マクダフの行方を下手階段に腰をかけながら述べるレノックスの渋さのギャップに、オオオッッッッ… となる

 

 

・マクダフの城を妻子共々、墜落させる考えに至ったマクベスが、ロスに殺し屋達の案内を求めた瞬間の、隣にいたレノックスの「えっ…」という表情が好き

 

 

・がしかし結局、称号として与えられたネックレスをマクベスが投げ渡した先が、マクダフ城を攻め込んだロスではなく、レノックスだったときの、ロスのマクベスに裏切られた感満載の表情と、レノックスのしてやったり感満載の表情を浮かべるシーンが好き

 

 

・マルカムがマクダフの言葉に心を打たれて決意を新たにする展開で、スカッとするけど、その後ロスによって妻子が殺されたと告げられた瞬間の「いや、ロス、お前が殺ったんだろうが!!!!!!!!!」という気持ちで、私の感情がグチャグチャになる(笑)

 

 

・マクダフのマルカムを抱きしめながら、マルカムの父と母のことを述べるシーンに心打たれる

 

 

・レノックスと医師と夫人のシーンで、夫人のお尻に血がついてる意味がやっぱり謎で、ダンカン殺害という非情過ぎる血に悩まされ過ぎて、夫人の体中の血に、非情な血が染まってしまったことを、女性特有の生理で表したのかな… と勝手に捉えてるけど、真の真相を知りたい

 

 

・医師の頭の上の王冠を慌てて取る時に、このままカツラまで取れたらどうなるんだろう……という全く考えなくていい不安に襲われた

 

 

・夫人の死を知ったマクベスが、自分の表情をレノックスに見せないように、右手でサッと振り、この場から離れろと合図を出すマクベスにやっぱり惚れるし泣ける

 

 

・バーナムの森が動いてるかのように見えたことをマクベスに告げたレノックスが、去り際に唾を地面に吐き捨てる姿が凄く男らしくて、マクベスに振り回された今までの事から吹っ切れた感があって凄く好きな場面

 

 

・手にした枝を下ろして目の前まで進軍してきた場面で、フリーアンスの片方の手が突然震え出して、もう片方の手で抑え込む姿が気になる ( マクベスに対してなのか、後々の展開に対してなのか… )

 

 

・舞台後方扉が開いて、ゆっくり歩いて向かってくるラストマクベス ( ラストサムライ風に言うな ) が凄くかっこいい

 

 

・戦う気が失せたマクベスの目先に、夫人の姿が見えるシーンに突入した瞬間、これでラストシーンだ… と思ったら、涙が止まらなくなった

 

 

・マルカムの近くにフリーアンスが近づくラストシーンで、バンクォーの「???」な表情の隣で、ロスがニヤッと笑みを浮かべて終わるのが凄く薄気味悪くて真相が気になる

 

 

 

本編はここまで ーーーーーー

 

 

カーテンコールは3回

 

1回目のカーテンコール

 

登場するとき奥村佳恵さんと純青くんが笑顔を浮かべる姿にほっこり

 

全員横並びになって ( 昨日千秋楽を迎えた雄大くんも登壇 ) キャストさん一人一人の名前を呼んで、コメントを求める丸山座長

 

 

丸ちゃんの「健悟」呼びにグッときたり

 

ヨンホさんは「びっこは演技です」と会場を笑いに包んだり

 

木場さんのことを「こばちゃん」と呼んで、あまりの声の小ささに丸ちゃんが突っ込んで、劇中のアンガスによる熱烈ハグに対して「最後だから?」と丸ちゃんが問うと「はい」と笑いながら言う木場さんに癒され

 

バンクォー役の石田さんは「丸 ( ◯ ) とは、楽屋でも舞台裏でも戯れて… マクベス最高!マルベス最高!」と丸ちゃん愛全開で愛おしくて

 

 

三上さんはギルバート以来の丸ちゃんとの共演で、こうなったら関ジャニ∞全員制覇したいと野望を展開させてたり(笑)

 

 

雄大くんがコメントを述べてる時に、雄大くんの目線に合わせて膝を曲げる丸山座長の、優しさに涙 ( こういうさりげなさが好き )

 

 

最後に丸ちゃんの番になって、遠藤さんに「丸山隆平!!!!」と呼ばれて、「はいっ(笑)」と答える丸ちゃん。

 

丸ちゃんの「最後だからといって特別なことをするのは苦手なんですけど、せっかくなのでこの時間をつくりました」の言葉になんかジーンときた ( 泣 )

 

 

2回目のカーテンコールの去り際で、遠藤さんが丸ちゃんのお尻を触って、お返しとばかりに丸ちゃんが遠藤さんの股間を触って、遠藤さんが「おいっ(笑)」という展開になって、思わず笑ってしまった(笑

 

 

3回目のカーテンコールで客席から「ヒュ〜〜〜!!!」と歓声が 

 

丸「よそで、ヒュ〜〜〜とかやったらあかんで!(笑)ここだけやで!!ここだけってのもどうかと思うけど、、、(笑)まぁ、いいでしょう!」と笑いながら優しく指摘して笑いに変換する丸ちゃんが、素敵だった

 

 

去り際、遠藤さんと肩を組みながら上手へ移動して客席に満遍なく手を振り、最後に 

 

丸「また会いましょう!!!!!」

 

 

マクベス千秋楽終了 ーーーーーーー

 

 

マクベスは圧巻の舞台でした。

今まで、シェイクスピアの舞台を観劇したことがなくて「自分に理解できるんだろうか」と不安だったけど、気づいたら「マクベスファン」になってた(笑)

 

膨大なセリフ量とハードな立ち回りに、ただただ「すごっ……」と圧倒されまくって…

 

生の奏者の方々の演出が鳥肌もので

 

魔物達の演出が本当に不気味で引き込まれて

 

そして気づいたら、マクベス夫人のファンになってた(笑)安藤聖さんの、迫真の演技が凄すぎて見惚れてしまった…… そしてマクベスとのラブシーンで、丸ちゃんの男の顔を見せてくださってありがとうございましたと感謝の気持ち(笑)

 

 

そして丸ちゃん、丸山座長、マルベス

多忙過ぎるスケジュールの中、舞台をやりながら生の音楽番組に出たり、サタプラで大阪移動したり、本当にお疲れ様でした!!

舞台上の姿は完全に「マクベス」で、カーテンコールの姿は「丸ちゃん」で、そのギャップにさらにとろけました…

 

そしてマクベス観劇に伴って、たくさんの方々との素敵な出会いに恵まれ、心優しいご協力もしてくださって、周りの方々に感謝の気持ちでいっぱいです。そして、この出会いの場のきっかけとなったのは、共通して丸ちゃんのおかげなので、たくさんの方との出会わせてくれてありがとうございますと、丸ちゃんにも感謝の気持ちでいっぱいです。

 

丸山座長、鈴木裕美さん、キャストの皆さん、奏者お二人、スタッフの皆様、素敵な思い出をありがとうございました

24日間、32公演無事に完走おめでとうございました!

 

 

丸ちゃん!!!!!!!!!!

ますます好きになりました!!!!

美味しいお酒と美味しいご飯を!!!

 

 

f:id:mrykhm:20160724195600j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

四六時中マクベス

f:id:mrykhm:20160715220301j:plain 


仕事中も常に私の頭はマクベスに支配されていてどうしようもできない日々


「あ、今19時35分か… ってことはあのシーンあたりなのかな…」と勝手に思いふける日々


おかげさまで原作の「マクベス」のファンになっていて、毎日毎日、時間さえあれば本を読む生活

( 読書が苦手は私にとって今現在の私の生活スタイルが青天の霹靂 )


原作と今回の「マクベス」は内容が違うところが多々あって、一冊の本の中で原作もオリジナルも両方、楽しみたいな〜〜と思った末、観劇以来、舞台「マクベス」の覚えている限りの展開等を書き込むことにしたら、それが、楽しくて!楽しくて!!!!!!!


本当はマクベスの映像化を熱望しているけど、グローブ座でのジャニーズ舞台の映像化はほとんどない…( 「君と見る千の夢」だけなのかな… )  


映像として残らなかったら、自分の記憶しか頼りにするものがなくなってしまう… 

( 私の記憶力のなさ絶望的 )


ということで、ひたすら書き残すことに。


一部を載せるとこんな感じ


f:id:mrykhm:20160715214226j:plain 


必死に自分が観劇した公演の舞台上の光景を思い出して、舞台のストーリー展開を自分なりに理解して……この作業が本当に楽しくて、おかげでマクベスを思い出すことができて、常に頭の中でマクベスが上演している状態(笑)


こんなに影響力のある舞台が生まれて初めてで「自分、どうした?!?!」状態


世界に一冊だけのマクベスを書いて読んで思い出しているときが、今一番のリラックス出来る時間です。


( まだまだ続く、マクベス沼 )

マクベスによって心を奪われた瞬間

一日中、マクベスに脳内を占領される日々が続いているので、マクベスに焦点を絞って覚えている限りの「観劇中、マクベスによって堕とされグッときたシーン」を個人的な見方とともにメモ書き程度にまとめてみた。以前のブログの内容と重複箇所あり ( 公演ごとに演出の違いがあるかもしれないのでその辺はご了承下さい )

 

・始まりの殺陣のシーン、階段をゆっくりと降りるときの表情とマクダフによって壁に追い込まれて、形勢逆転する瞬間の表情

 

・「こんないいとも悪いとも言える日ははじめてだ」

 

マクベスの左手薬指に輝く指輪

 

・夫人と口づけを交わした直後の表情 ( 色気がとんでもないし、横顔が綺麗過ぎる )

・夫人の右ヒザ側面を触る手の動かし方 ( 私が観劇した回は中指でクイクイ刺激… ) 夫人に触れるときの手の動かし方が凄く魅力的で、夫人の細い体とマクベスの大きな手があまりにもマッチし過ぎてて、キュンキュンしてしまう。

 

・白のシャツに身をまとって登場する瞬間 ( 劇中、一番好きな衣装かも… 汗の感じだったり、袖から見える手首等、魅力が溢れかえってる )

 

・「よし、心は決まった」

 

マクベスと短剣の場面 ( 私が入った公演で白シャツがはだけてしまい胸元がパッカーンと開いてしまうも、短剣を追い求めながらも冷静にシャツを片手で抑え、背を向けた瞬間に胸元を閉じて演じきった姿に惚れ惚れ )

 

・「鐘がおれを呼んでいる」

( 白シャツ姿で自分を抱くように腕を回しながら目を閉じて述べるシーンに撃沈 )

 

ダンカン殺害後の血にまみれた姿

 

・血まみれのまま階段を駆け下りるときの表情

 

・血で赤く染まったマクベスと夫人の手が合わさる場面 ( ゾクゾクッとしてたまらない )

 

・( 私が入った公演だけなのか… ) 血を落とし夜着を召しに戻った後、門番( 魔物 )とマクダフとアンガスの会話のシーン。マクベスが夜着に着替えが終わるまで、上の門番 ( 魔物 ) が下の門番 ( 魔物 ) に「まだまだ話を延ばせ」とジェスチャーするとき、下手側の上の出入り口の奥で、マクベスが上半身裸になってタオルで血を拭いてる姿が見えて大悶絶…… ( 上手側前列から拝見 ) あれは見せる演出なのか… それともカーテンが開きすぎて見えてしまったのか… 未だに謎 ( ただただ美し過ぎた… )

 

・ワンパックではなくなった上半身 ( 呼吸の仕方によって腹筋が浮かんできて、徐々に汗ばむ姿がより色気を… 階段を降りるときに揺れる胸元 )

 

・夫人が倒れたときの支え方

 

・「今夜道を探すしかないぞ、天国にいきたいならば…」と述べたあと、階段下で座り込むシーン ( 照明とマッチしていてかっこいい… )

 

・「かわいいお前は知らぬままでいい…」からのセリフと夫人のおでこにキスをして、男らしく手を取り、奥へ帰るシーン

 

マクベスがバンクォーの亡霊に翻弄されて我を見失うシーン ( かっこいい設定とは関係なく私が好き過ぎる場面 )

 

・洞窟の大釜を囲むシーン、魔物がビーカーに注いだ液体が異臭を放っていて、思わず手で鼻と口を押さえる表情がかっこいい

 

・注射を刺しているときの表情

 

・レノックスに「どこの軍勢だ?」と問いかけているときの表情、流し目

 

・レノックスから妻の死を告げられたときの、一瞬の絶望的な表情から、強さを見せようと切り替えるときの表情

 

・直後、レノックスに背を向けて、言葉を発することなく、右手で下がれと合図する姿

 

・「明日… また明日、また明日と…」の場面 ( 切な過ぎるシーンに撃沈 )

 

・アンガス、メンティース、ロスとの戦いのシーン。自分の正体を「マクベスだ!!」と高らかに笑みを浮かべながら言ったあと、いきなり真剣な顔つきで剣を振る姿、メンティースの首元にキスをする瞬間と、ロスの殺害シーン ( 一瞬過ぎて )

 

・マクダフとの戦いのシーン。優勢にだったマクベスが負傷したマクダフに、サッと剣先を向けて、剣先を顎下に伸ばし、剣で顎を持ち上げる姿が男前過ぎる

 

・戦う気が失せたマクベスの視線の先に、亡くなった夫人の姿が見えて、決意を新たに戦う気持ちになる場面 ( 奥さんのこと心から愛してるんだな… とグッとくる場面 )

 

 

 

・そしてカーテンコールで後方扉から登場する丸山座長、そして3回目のカーテンコールで丸ちゃんに戻る場面 ( 大撃沈 )

 

 

書き抜けているところがたくさんあるけど

まだまだまだまだまだまだまだまだ、かっこいい姿を見逃しているから、やはり映像として残ってほしい… 他の役柄に焦点を絞って見てみたり、いろんな楽しみ方が出来るんだろうな……マクベスだけでなく他の役柄もだだハマりしていて、特に夫人とマクダフとロスに対する感情移入が激しい… 

いつか、他の登場人物のことも書き残そうかな…

 

嗚呼、マクベス映像化希望!!!!!!

 

 

マクベス観劇 2016.07.08

初日観劇から日が空いて、お友達がチケットを譲ってくれて観劇 ( 感謝感謝感謝 )

 

 

個人的な感想を箇条書き風にダラダラと述べるので、「考えが違う…」「 何言っちゃってんの〜〜」と思われた方は、遠慮なく離脱して下さい。

 

( 座席について、まず鶴見辰吾さんをお見かけして渋さにドキドキしてしまった… ) 

 

・初日に入った時は、奏者の方のチューニング合わせが終了してから沈黙の二分間があったけど、今日は即開演 ( 逆に心構えが出来なくてアワアワアワアワ ) 

 

マクベスが登場してまず感じたのが

「さらに痩せた… 」

 

・殺陣のシーンでマクダフに追い込まれた時の表情と反撃を仕返す時の表情の変化がたまらず…

 

・「もう、戦いは終わったんだ…!!」

とこれ以上、命を終わらせたくないマクベスが必死に訴えるシーンが最高

 

・「こんないいとも悪いとも言える日ははじめてだ…」のセリフの時の、白い照明に包まれたマクベスの表情が切なくて、胸打たれる

 

・階段の踊り場で、マクベスが頭の中で色んな思いを巡らせるシーンで特に感じたのが、丸ちゃんの目は白目の割合がはっきりしているから、黒目の動きが凄くわかりやすい…だから表情の変化に、余計にグッときてしまう ( 丸ちゃんの白目の割合が凄く好きなので、つい見てしまう )

 

・ロスとアンガスとハグをするときの、マクベスの顔の埋め具合と、顔のつぶれ具合が本当に本当にチャーミング過ぎて、序盤の展開ホッとする場面がまず、ここ

 

マクベス城の設定になって、魔物の三人がクッションを出した直後、観劇済みの丸山担がチラホラ、体勢を整えてこれから訪れるラブシーンの心構えをする傾向が強く感じられた ( その中の一人が私 )

 

・夫人と両サイドの階段を別々に駆け下りるときの、マクベスの表情がもの凄く男の顔 ( ここ、是非見て欲しい )

 

マクベスと夫人のキスシーンで「もっと!もっと!」とマクベスがキスを要求するシーン後の、濃厚な口づけの際、二人の吐息が静まり返ったグローブ座内に流れて、たまらない空間

 

マクベスが夫人の体に接するときの、手が本当に良い意味でいやらしくて、左手の指に輝く指輪からも、色気が放たれている ( 丸ちゃんの左手の薬指に指輪… という時点でかっこいい ) そして、マクベスが夫人の手を取り、そのまま退場していくときのエスコート具合が最強にかっこいい…… ( ガッと手をつなぐ感じがたまらない )

 

・バンクォーとフリーアンスと落ち合うシーンでちょっと間が空いてからの「味方だ!」のセリフを放つ瞬間のマクベスが絶妙に爽やか

 

・私が劇中で一番好きなマクベスの服装が、黒のパンツにゆるめの白シャツ姿 ( 似合い過ぎ ) 白シャツの袖口から見える、マクベスの手首が凄く細くて綺麗 

 

・短剣とマクベスのシーンが凄く好きで、丸ちゃんの足の長さが凄く際立つシーン(笑)魔物役の三人の立ち回りも凄すぎて、見入ってしまう場面。宙に浮くマクベスが、その上をフラフラと漂う短剣を見つめる表情が凄く好き

 

ダンカン殺害後、精神的に崩壊するマクベスが魅力でしかない… ( 狂気に陥るマクベスも好きだけど、弱気な心に押しつぶされるマクベスも好きで、そんなマクベスに強い心を与える夫人の男前っぷりも凄く好き )

 

・このダンカン殺害後、緊迫したシーンの直後のマクダフとアンガスと門番 ( 魔物 ) のやり取りが、本当に安心でしかない… 精神的に追い込まれたマクベスを見て、私も気持ちがグチャグチャになっているときに、懸垂をし始めたり、ジョークを放つあの温かい場面のおかげで、気持ちが正常に戻る気がして、あのシーンがなかったら、序盤から私が真っ先に破滅している

 

・黒のバスローブ姿で登場したマクベスの腹筋が割れていて心の中で「ギャァァァァァァァ」初日は一本筋だったのが、薄っすら板チョコになっていて… 汗ばむ姿と最高にマッチ ( 悶絶 )

 

・バンクォーがマクベスの行動に勘付く場面を含めて、常にバンクォーがかっこよすぎて ( 石田佳央さんの渋さの虜になりつつある… 今現在 )

 

マクベスが階段の踊り場下で、片手で顔を覆い俯向き座り込むシーン。夫人が声をかけるまでの間、沈黙し続けるマクベスの姿がかっこよすぎる

 

・「さぁ、奥へ行こう」のセリフとともに夫人の手を握り退場するマクベスが本当に男前過ぎ

 

マクベスとバンクォーの亡霊のシーンのマクベスの取り乱しっぷりが本当に好きで、汚い言葉を乱用するマクベスがたまらない ( 初日はテーブルクロスがマクベスの体に覆われていたけど、今日は特になかったから初日のちょっとしたハプニングだったのか…なんなのか… ) 

 

・荒野での魔物の釜を囲んでのあのシーンが凄く好きで、魔物の不気味さがたまらなくて、あのメロディーが未だに頭から離れない

 

・マクダフ夫人と息子のシーンといい、マルカムの元へ向かったマクダフとのシーンといい、このときのロスがあまりにも非情過ぎて「ロスめ!!!!!!!」となってしまう。

 

・ロスが後方扉から登場するときに、関係者席に左から、鶴見辰吾さん、錦戸くん、シゲアキさんが横並びになって観劇していることに気付く(笑)パッと見ただけだったけど、二人とも前髪下ろしててかっこよかった… ( 丸ちゃん、よかったね( ;  ; )

 

・夫人が心の病に侵されるシーンは胸が苦しくなってまた涙腺が崩壊 ( お尻の血はなんなんだろうと思っていたけど、鈴木裕美さんのツイートで確認済 (笑))

 

マクベスがガチョウの真似をするシーンは、一瞬だけジャニ勉での

丸「ば、ば、罰ゲームはあるんですか?!」

村「不味さ無限大ブレンド茶です」

の流れが頭をよぎってしまう(笑)でもその後の切り替えが早くて、すぐにマクベス

 

・夫人が亡くなったあとの、マクベスの心が崩れかける場面。初めはグッと悟るけど、徐々に悲しくなっていく表情が辛い。夫人のことを本当に愛していたんだな…って ( 私もそんな大恋愛をしてみたい ) このときの、白い照明の中、立ちすくむマクベスの髪の毛から滴り落ちる汗の雫が、照明と相まって凄くキラキラしていて、美しいのなんのって… 

 

マクベスとロス、アンガス、メンティースが戦うシーンで、寝返ったり裏切ったりを繰り返したロスの首元に剣を当て無言で、殺す冷徹なマクベスがかっこよすぎ!!!!!

 

・母の腹を裂いて生まれたマクダフに「戦う気が失せた」と弱気な発言をするマクベスの踊り場での腰抜けっぷりが、本当に愛おしい…

 

ということで、まだまだまだまだまだまだ書きたい感想はたくさんあるけど、もう一生終わらない気がするのでここでストップ

 

他にも魔物の不気味さも、レノックスを演じるチョウヨンホさんの動きもリアル過ぎて、終始凄いな… って圧倒される… ( ダメだ、結局止まらない )

 

 

 

カーテンコールは3回

3回目はスタンディングオベーションの中、演者さん全員が並んでご挨拶

 

丸山座長「シェイクスピア初めて見たよ!って方〜?」

( 多くのお客さんが挙手 )

丸山座長「おお〜〜〜〜(笑)」

丸山座長「当日券で来たよって方!ありがとうございます〜〜是非、また来てくださいね」

締めの言葉を述べて演者さん退場

そして左入口に遠藤要さん、右入口に丸ちゃんが立ち、お互いニコニコしながら顔を見合う姿にキュンキュン…

 

カーテンコールで感じたのが、初日のカーテンコールの丸山座長の表情と、今日の表情が全然違って、初日の表情は心の底からの安堵の表情で思わず「可愛い…」と感じたけど、今日の丸山座長はどっしり構えてて「かっこいい…」二時間半、演じきって疲れているだろうに、会場のお客さんに質問を投げかける丸山座長の優しさがとてつもなく凄い…

 

そして終演して約四時間後の今、その丸山座長はMステに出演している… 

多忙極まりない、丸ちゃんがどうか健康でケガなく千秋楽まで進み、そしてリサイタルに突入出来ることを心から願っています ( 泣 )

 

マルベス、かっこよかった

 

 

日常生活にマクベスが侵食した丸山担のサイゼリアでの過ごし方

あまりにもマクベスマクベスマクベス… と頭の中に常にマクベスが存在しているためか、日常生活にマクベスが益々、侵食してきている。


昨日、丸山担とサイゼリアで食事をしていたときメニューを見ているとき、思わず


f:id:mrykhm:20160704192425j:plain 


「ルーコラ … 」


マクベス感がありそうなワードをピックアップしてしまう癖がファミレスで発動。


マクベス、マクダフ、アンガス、レノックス、ロス、ルーコラ、マルカム、フリーアンス、バンクォー、ドナルベーン…… このように登場人物の名を並べても違和感のないワードを、無意味にピックアップしてしまういけない癖が、私の一つのしょうもない悩み。


サイゼリアのメニューにはまだまだピックアップせざるを得ないワードが。


f:id:mrykhm:20160704192434j:plain 


「フォッカチオ」

「ミニフィセル」


↑ 満載すぎる貴族感



f:id:mrykhm:20160704192444j:plain 


「パンチェッタ」

「ピクルス」


↑  マクベスの身内感



f:id:mrykhm:20160704192457j:plain 


「シシリー」

「ボロニア」


↑  どこかの貴族の夫人感



f:id:mrykhm:20160704192516j:plain 


「ディアボラ」

「ガルム」


↑ 国王の護衛感



私が「このメニューページは胸熱だ!!」と思ったのがこちら


f:id:mrykhm:20160704192526j:plain


フレッシュワインページ


「マグナム」

デカンタ

グラッパ

ランブルスコ

「ロゼ」

「ベルデッキオ」

「キャンティ」

「ルフィナ」

リゼルバ」

「バリック」


怒涛のワード連発にパニック


「マグナム」「デカンタ」「ベルデッキオ」

強すぎる、絶対に強い


グラッパ

ちょっと鈍感


「ロゼ」「キャンティ」「ルフィナ」

恐らく美形、イケメン



何言ってんだこいつ…


と思われた方、大正解です。

またどこかの店で魅力的なメニューを見かけたらご報告します。 

( 誰も求めていない )








 




マクベス観劇後の続々とやられる丸山担

私の周りの丸山担が続々と観劇し、そして続々とマクベスに殺られている。


せっかくなので、よく見受けられる

「私の周りにいるマクベスに殺られた丸山担の定番ワード」を私なりにまとめてみました。


⚠︎ちょいちょい内容に触れることもあるので回避される方はここで閉じてください。







① やばい


観劇後、私の元へLINEを飛ばしてくれた丸山担の友人たちの第一声は、ほぼほぼ


「やばい」


LINEでもTwitterでも、もれなく皆

「やばい」

という三文字で自分の感情を表現している。


周りからしたら言葉足らず過ぎて「何がやばいの?」と疑問を持たれても仕方がないが、あの公演、あの丸ちゃんの姿を見てしまうと、自分の中でいろんな感情が発生し、うまく整理がつかず、そして言葉を選択する思考回路が完全に停止してしまい、振り絞って出る言葉が「やばい」



② 無理


これに関しても「何が無理なの?」と思われても仕方がないほどの、ザックリとした言葉が


「無理」


 ( 決してマイナスの表現での「無理」ではない ) 


今回に限っては、濃厚なラブシーンもあるため、普段見ることが出来ない丸ちゃんの姿に「無理」と言っている丸山担ももちろん世にたくさんいるが、私の周りの丸山担は基本、変態というかちょっとおかしい人で構成されているので ( 褒めてます )、ラブシーンに対して「無理」と言ってる人は少なかった。

私もよく「無理」という言葉を使うことがあるが自分の中の意味合いは、あまりにも魅力的な姿によって、自分の中のバロメーターが完全に振り切れてしまい、キャパオーバーした時によく「無理」「はい、無理」「無理無理無理」と無理を乱用する。( 最近ではとある丸山担との間で「無理」を派生した新たな言葉で「無理」を表現をしていることもある )



③ ハァァァァァ


マクベスに完全に滅多打ちにされ、シンプルなため息を通り越したデカイため息


「ハァァァァァ」も自分の感情の整理がまだ不十分なときに突発的に、溢れ出してしまうワード。

ちょっとしたため息「ハァ」ならまだ大丈夫だが、「ハァァァァァ」とここまでため息が出てしまうともう、終わり(笑)朝起きて「マクベス」、食事中も「マクベス」、仕事中も「マクベス」、通勤退勤途中も「マクベス」、お風呂の中でも「マクベス」、寝る前も「マクベス」自分の日常生活全てに「マクベス」が侵食している。


先日も、食器洗い中に母の肘に食器をぶつけてしまい、いつもなら「あ、ごめん」と軽く謝るくらいなのに「すまない…」とマクベスの香りをどこか漂わせるワードが自然と出てきてしまったり、


私は保育園勤務 ( 保育士ではない ) なのだが、0歳児の男の子があまりにも可愛く、両手で男の子の顔を挟みムニュッとしたときに、ふと「あ、これはマクベス夫人がマクベスにしていた行動と一緒じゃないか…」と0歳児の男の子をマクベスに重ねてしまうくらい、重症化している ( 馬鹿野郎 )


マクベスによって感情を乱された丸山担が、続々と現実から避けて、戦いながら日常生活を送っているのをよくTwitterで見かける。皆様、大丈夫でしょうか。( 錯乱しているお前が心配するな )


これから続々とマクベスに殺られる丸山担が、マクベスのように破滅の道へ突き進む光景が凄く楽しみ。


私もどこまで破滅していくのか楽しみ。